初盆(新盆)のスケジュールとは?やり方を押さえて抜かりない準備を

お盆

毎年訪れる「お盆」ですが、「初盆(新盆)」の場合のスケジュールや準備すべきものはわからないという人は多いのではないでしょうか。

この記事では、「初盆」「新盆」という言葉の意味を解説したうえで、はじめてのお盆を迎える方に向けて、スケジュールや準備すべきものを紹介します。

お盆の期間はいつからいつまで?

そもそもお盆にはどんな意味があるのでしょうか。はじめに、お盆の基本的な知識を確認しましょう。

お盆とは?

お盆とは、ご先祖さまがあの世(浄土)から私たちのいる世界(現世)へ戻ってくる期間です。故人が生前に長い時を過ごした自宅などに霊をお迎えして、あの世に戻ったあとの幸せ(冥福)をお祈りします。正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言います。

初盆(新盆)とは?

初盆(新盆)とは一般的に、故人の死後、四十九日の忌明けを過ぎてから初めて迎えるお盆のことです。新盆の場合は僧侶や親族、故人と親交の深かった方々などを招いて法要を行います。なお、「初盆」と「新盆」は呼び方が異なるだけで、同じことを意味します。また、7月に行われるお盆を指して「新盆(7月盆)」という場合もありますので、取り違えないように気をつけましょう。

初盆(新盆)のスケジュール

初盆(新盆)のスケジュールには地域差があります。具体的には旧暦にのっとった「7月13日から16日まで(7月盆)」と、新暦にのっとった「8月13日から16日まで(8月盆)」の2パターンです。このスケジュールは初盆以外でも同様です。

7月にお盆を行うのは東京を中心とした一部地域のみです。一方、8月にお盆を行うのは東京と一部地域を除くほぼ全国ですので、大多数の地域では新盆も8月になります。ただし、実際にやることは同じです。

盆提灯など、お盆に準備すべきもの一覧

それでは、新盆では何を用意すればいいのでしょうか。準備すべきもののなかには、家紋入り盆提灯のように、製作を依頼すると2週間ほどの時間が必要なものもあります。したがってスケジュールと一緒に道具を理解することも重要です。ここではお盆に必要な仏具を確認していきましょう。

お位牌

お位牌は初盆以前から安置されているはずですが、通常四十九日までに作るはずのお位牌がまだ無いという場合は、初盆に間に合うように作る必要があります。

お位牌の製作には2週間ほどかかりますので、その期間を考慮して注文しましょう。なお、お位牌の数が複数あるときは、もっとも古いものを精霊棚の一番右に置きます。反対に、もっとも新しいものは一番左に置きます。

盆提灯

盆提灯AGASATO
ショップウィンドウを開く
ショップウィンドウを閉じる

盆提灯はご先祖さまが迷わずに帰ってくるための道しるべとなります。

初盆の際は白木でできた白提灯を1つ用意し、玄関や軒下、お仏壇の前などに吊るします。もともとは中に火を灯していましたが、近年では火の用心のため電池ローソクを使用することも増えてきました。白提灯は初盆が終わったら燃やして処分します。すでに白提灯以外の盆提灯がすでにある場合や、親戚などから贈られた提灯がある場合、飾る数に決まりはないので、お仏壇の脇に並べて置くと良いでしょう。

盆棚(精霊棚)

精霊棚※中央の祭壇単品での販売となります。
ショップウィンドウを開く
ショップウィンドウを閉じる

盆棚(精霊棚)は、お盆の期間に戻ってきたご先祖さまを迎える祭壇です。

仏壇店やホームセンターなどで入手できます。設置は盆入りの前日か当日なので、それまでにお仏壇を掃除しておきましょう。盆棚は、自宅のお仏壇の前に設置するのが基本です。盆棚はお盆が終わるまで飾っておきましょう。

精霊馬(精霊牛)

精霊馬(精霊牛)とは、は精霊棚に供える物のひとつで、ご先祖さまの霊があの世とこの世を行き来するための乗りものとされています。キュウリとナスに割箸などで足をつくって、馬と牛に見立てます。

真菰(まこも)

ちりめん真菰セット
ショップウィンドウを開く
ショップウィンドウを閉じる

真菰(まこも)とは、イネ科の多年草のこと。

お釈迦さまが病人を治療する際に真菰の敷物に寝かせたという謂れがあることから仏事・神事において用いられるようになりました。仏壇店やホームセンターで盆棚などと合わせてお盆セットになって販売していることが多いです。

送り火セット(おがら・焙烙)

おがらとは、麻の茎の皮をはいだものです。焙烙(ほうろく)はおがらの受け皿になるお皿を指します。

一般的には玄関先や庭などで火をつけて、迎え火や送り火として利用します。こちらも、仏壇店やホームセンターで盆棚などと合わせてお盆セットになって販売していることが多いです。

お供え物

お供えには百味五果と言って、スイカなどの夏野菜や果実などを置きます。

家が代々続くようにと願いがこめられた細長い昆布、ご先祖さまが帰ってくるときに乗る馬の手綱とされる素麺(そうめん)、さいころ形に切ったキュウリやナスと洗って米を乗せた水の子(水の実)、ほおずきなども、代表的なお供え物です。

そのほかにも、清らかな水(あかみず)を注いだ深めの容器に水の子をひとつまみ入れ、精霊花(みそはぎ)を何本か束ねてお供えする場合もあります。また、新盆には一般的に「白いお団子」もお供えします。このお団子はお盆の期間中おなじものをお供えする場合が多いですが、風習によって日替わりで変える場合もあります。

生花

生花はできるだけ故人が生前好んだものをお供えしましょう。ただし、お盆に限らず、バラなどの棘を持つ花や、弦のあるアサガオなどは避けた方が無難です。

新盆の準備はできる範囲で計画的に

故人の四十九日の忌明け後、はじめて迎える「初盆(新盆)」は、通常のお盆よりも入念な準備が必要です。

しっかりと準備を整えて、慌てず計画的に当日を迎えましょう。とはいえ、すべてを用意するのはやはり大変かもしれません。そんなときは卓上の盆提灯を仏壇の隣に置いて、故人が生前に好きだったお花やお菓子を供えるだけでも供養になります。

大切なことは故人をしのび、冥福を祈る気持ちです。スケジュールを確認しながら、できる範囲で準備しましょう。